ドルツイオン EW-DE41-Sの音波振動について

ドルツイオン EW-DE41-Sの音波振動について

ドルツイオン EW-DE41-Sの音波振動について紹介したいと思います。

 

 

世の中には電動歯ブラシがたくさん有りますが、
どのような種類があるでしょうか?

 

大まかに分けると、電動歯ブラシの種類は
4つに分けることだできます。

 

 

音波振動式、回転式、往復式、超音波式です。

 

 

まず、音波振動式ですが、
往復する電動歯ブラシにさらに、振動を加えた物、
音波領域内の高速振動のことをいいます。
つまり、歯ブラシ自体が震えているという感じです。

 

 

歯ブラシを水面につけると、水中に足すの気泡が発生します。
ドルツイオン EW-DE41-Sはこの方式です。

 

 

 

 

超音波式は、超音波によって振動させるものです。

 

 

回転式はブラシが回転をして汚れを落とすもの。

 

 

往復式は手磨きの往復運動を発展させたものになります。

 

 

 

音波振動と超音波振動の違いですが、
振動数の違いで、でその音が聞こえるか聞こえないかが変わります。
通常、人間の聞こえる範囲は20ヘルツ〜2万ヘルツまでです。

 

 

超音波とは、人間の聴覚器官では捉えられない周波数の高い音波になります。
振動はなく、人間には感じることのできない周波数領域(2万ヘルツ以上)です。

 

 

それで音波振動式の歯ブラシが優れているのは、
リニア駆動により、電動ハブラシでは実現できなかった
高速で微細な振動の力による、高い歯垢除去能力です。

 

 

 

このドルツイオン EW-DE41-Sの音波振動の細かい動きによって
歯と歯、歯とはぐきの間、奥歯の裏など、磨きにくいところもしっかり磨くことができます。

ドルツイオン EW-DE41-Sの音波振動について関連ページ

ドルツイオン EW-DE41-Sのイオンの力
panasonic 電動歯ブラシで人気のドルツイオン EW-DE41-Sの特徴や機能を紹介します
EW-DE41-Sのリニアの力
panasonic 電動歯ブラシで人気のドルツイオン EW-DE41-Sの特徴であるリニアの力を紹介します
ドルツイオンに関する福岡歯科大学の先生のお話
panasonic 電動歯ブラシで人気のドルツイオン EW-DE41-Sにたいして、福岡歯科大学の先生のお話を紹介します
Panasonic EW-DE41-Sのスペック・仕様
panasonic 電動歯ブラシで人気のドルツイオン EW-DE41-Sのスペック・仕様を紹介します
ドルツイオン 正しい使い方
panasonic 電動歯ブラシで人気のドルツイオン 正しい使い方
ドルツイオンEW-DE41-Sで歯周病と虫歯を予防
panasonic 電動歯ブラシで人気のドルツイオン EW-DE41-Sの歯周病と虫歯を予防
ドルツイオンEW-DE41-Sで8020を目指そう
panasonic 電動歯ブラシで人気のドルツイオン EW-DE41-Sの8020を目指そう